[PR]

 製薬大手の第一三共が独自の技術を使った抗がん剤を開発し、5月にも国内の患者に投与を始める。治験で末期の乳がん患者の一部に効果があり、日米で承認された。日本での薬価は未定だが売り上げは将来的に年1兆円を超える可能性がある。

 第一三共は27日に発表した決算で、この抗がん剤「エンハーツ」の今年度の売り…

この記事は有料会員記事です。残り497文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも