自衛隊の災害派遣長期化、民間へ早期引き継ぎ模索 訓練への影響懸念 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、自衛隊の災害派遣が続いている。検査や輸送の支援にあたっているが、訓練などへの影響を心配する声も出始めた。「早めに民間にバトンタッチする」という流れを模索している。

 自衛隊の初期の派遣先は、ダイヤモンド・プリンセス号だった。感染検査の支援や宿泊施設までの乗客の輸送…

この記事は有料会員記事です。残り1184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。