(ニュースQ3)普天間周辺で舞った「泡」、日米異例の対応?

有料記事

[PR]

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場からドラム缶700本分以上の泡消火剤が住宅街に漏れ、周辺住民に不安が広がっている。発がん性の疑いがある物質が含まれているためだ。日本政府や米軍は異例の対応に乗り出したのだが。

 ■消火剤が住宅街に

 10日夕、宜野湾市の第2さつき認定こども園の庭で、園児たちが宙を…

この記事は有料記事です。残り1170文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載ニュースQ3

この連載の一覧を見る