国交省、操縦士を停職4カ月

有料記事

[PR]

 国土交通省で飛行検査を担当する操縦士と整備士から昨年12月、乗務前の飲酒検査でアルコールが検出された問題で、同省は28日、操縦士を停職4カ月の懲戒処分とし、航空法に基づき業務停止60日にしたと発表した。整備士は訓告にした。国交省によると、2人は航空局飛行検査センターに所属するいずれも40代の男性…

この記事は有料記事です。残り31文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!