[PR]

 東京電力福島第一原発1、2号機の共用排気筒(高さ120メートル、直径約3メートル)の上半分の撤去作業が29日、終わった。事故当時、放射性物質を含む水蒸気を放出する「ベント(排気)」に使われた施設だが、倒壊する恐れがあった。

 29日朝、輪切りにされた排気筒の一部が約60メートルの高さから1時間かけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも