[PR]

 〈四章 東京 その七 赤い夕日の満州国〉の続き。関東大震災以来、記憶喪失になっていた要造だったが、保の店で食事中、不意に記憶がよみがえる。真っ先に考えたのは、他人のようになったまま7年前に亡くなった妻・夕顔。苦労をかけたことが思い起こされ、慌てて時間を巻き戻し1931年夏に。死に目にあうことが出来…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも