[PR]

 内閣府が30日公表した4月の消費動向調査で、家計の消費意欲を示す消費者態度指数(季節調整値)は前月より9・3ポイント低い21・6と、月ごとの調査になった2004年4月以降で最大の下げ幅を記録した。水準も過去最低で、基調判断には「急速に悪化している」との表現を初めて使った。新型コロナウイルスの影響で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも