[PR]

 高校生の女の子がやくざの組長になり、ラストでは機関銃をぶっ放す。

 薬師丸ひろ子がこんな筋立ての中、生き生きと動き回る。すると、荒唐無稽な話が爽やかな青春映画に窯変(ようへん)する。大ヒットし、初めて歌う主題歌も人気を博した。公開は1981年。

 監督は相米慎二で、説明的なカット割りやアップを排し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも