[PR]

 ドキュメンタリー作家として「選挙」「港町」等様々な題材を追ってきた想田和弘監督。事前の取材は行わずなりゆきにあわせてカメラを回す「観察映画」という看板を掲げ、常に対象と近しい距離を保つのが特長だ。

 本作は、想田監督が2008年に発表した「精神」の続編的作品。精神科診療所「こらーる岡山」に再びカメ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも