[PR]

 ■個人を認めぬ暴力、二世が抵抗

 1970年代後半、アルゼンチンの軍事政権は、敵とみなした3万人とも言われる市民を拉致し、拷問・殺害した上、死の痕跡さえ消し去った。この「失踪者」をめぐり、残された家族や人権団体は、「記憶・真実・正義」をいかに回復させようとしたのか。本書は同国のマイノリティーである…

この記事は有料会員記事です。残り821文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも