(ひととき)えらいぞ、風呂敷

有料記事

[PR]

 同人誌を発送する係の私は、60冊もの本をそれぞれ1冊ずつ袋詰めし、郵便局へ持っていくことになった。1冊の重さは300グラム弱。布製の袋にはせいぜい10冊しか入らない。数個の袋を前に考えあぐねて、思い出した。風呂敷である。

 先日来、外出がほとんどなくなり、家の中の片付けに精を出して見つけた紺色の風…

この記事は有料記事です。残り356文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載ひととき

この連載の一覧を見る