元慰安婦、支援団体を批判 「募金の使途が不透明」

有料記事

[PR]

 元慰安婦で、日本政府を相手取った賠償請求訴訟の原告である李容洙(イヨンス)さん(91)が7日に会見を開き、支援団体「正義記憶連帯(旧挺対協)」が集めた募金の使途が不透明などと批判した。

 支援団体は1992年以降、毎週水曜日にソウルの日本大使館近くで日本政府に謝罪と法的賠償を要求する「水曜集会」を…

この記事は有料記事です。残り293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。