自殺対策団体、8割休止・縮小 対面相談難しく

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大により、自殺対策に取り組む民間団体の8割が活動の制限か休止に追い込まれていることが8日、自殺対策の調査研究を行う「いのち支える自殺対策推進センター」のまとめで明らかになった。感染予防のために対面相談が難しいといった事情がある。生活苦などで自殺リスクの増大が指摘される中…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り181文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント