コロナ、遠ざけた親子 離婚・別居の家族、面会中止相次ぐ 当事者団体調査

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が、離婚などで離れて暮らす親子の「面会交流」=キーワード=にも影を落としている。当事者団体の調査では3月以降、面会できなくなったり、回数が減ったりする例が増え、関係断絶を心配する声が上がる。(阿部峻介、新屋絵理)

 ■「全く会えず」44%

 当事者団体「共同親権草の根

この記事は有料記事です。残り1611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!