「回復前ならギャンブル」7割 10万円使途、依存症経験者調査

有料記事

[PR]

 パチンコ店などが休業要請を受ける中、公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」(東京)は8日、ギャンブル依存症経験者への調査結果を公表した。国民1人あたり一律10万円の「特別定額給付金」の使途を複数回答で尋ねたところ、症状が回復する前であれば、家族・本人分をギャンブルに使ったとする回答が合わせ…

この記事は有料記事です。残り316文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。