[PR]

 ■一行に「世界」、懸命な実践 思潮社・高木真史さん

 『数式に物語を代入しながら何も言わなくなったFに、掲げる詩集』は、2006年に思潮社50周年記念現代詩新人賞を受賞した中尾太一氏が、その翌年刊行した第1詩集だ。

 当時は、田村隆一、大岡信、吉本隆明といった戦後詩を担ってきた詩人たちの全詩集が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも