(評・映画)「飢餓海峡」 生への執着と欲、まざまざ

有料記事

[PR]

 数奇な運命に翻弄(ほんろう)される人々が織りなす重厚な人間ドラマ。だがそんな月並みな言葉ではこの映画の凄(すさ)まじさは到底言い表せない。

 「飢餓海峡」は、「大菩薩峠」「宮本武蔵」等で知られる巨匠、内田吐夢が1964年に製作した3時間超の大作。47年、台風が押し寄せる北海道岩内町で質屋強盗殺人事…

この記事は有料記事です。残り573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!