(評・映画)「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 介護と偽善、ここまで深く

有料記事

[PR]

 世間では自粛警察が横行しているが、生来のひねくれ者の私は、昔から“偽善警察”を任じてきた。感動を誘う物語と聞けば、つい取り締まりたくなる。

 実話を基にした2018年のこの作品も有力な捜査対象だった。大泉洋演じる鹿野は筋ジストロフィー患者。大勢の介護ボランティアに支えられている。ところがこの男、彼…

この記事は有料記事です。残り544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!