検察OB、公然と反対 「三権分立否定つながりかねない」 ロッキード・捜査経験者ら

有料記事

[PR]

 検察への政府の介入が懸念されている検察庁法改正案に対し、検事総長や特捜部長を務めた検察OBらが15日、公然と反対の声を上げた。現役の検察官たちの間にも驚きが広がり、賛否が交錯。抗議を巻き起こしたSNS上では、国会審議への注文や政府への批判がこの日もやまなかった。▼1面参照

 「検察官として一番大…

この記事は有料記事です。残り1739文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。