折々のことば:1817 鷲田清一

有料記事

[PR]

 わたしたちがすることは、それがどんなにささいなことであっても、すべてがある意味では発明なのです。

 (エリーズ・ボールディング)

     ◇

 アインシュタインが相対性理論を着想したのも、少年期に登校拒否したのも、塞いだ状況を切り抜ける工夫という意味ではいずれも「発明」だったと、米国の社会学者は…

この記事は有料記事です。残り92文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る