元検事総長ら、反対意見書 検察庁法改正案

有料記事

[PR]

 松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OB有志が15日、政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法改正案に反対する意見書を法務省に提出した。法改正について「検察人事への政治権力の介入を正当化し、政権の意に沿わない動きを封じて、検察の力をそごうと意図している」と批判。定年延長を認める規定の撤回を…

この記事は有料記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!