検察定年延長、採決先送り 武田担当相、不信任案 衆院委

有料記事

[PR]

 検察幹部を退く年齢に達しても政府の判断でポストにとどまれる特例を新設する検察庁法改正案をめぐり、与党がめざした15日の衆院内閣委員会での採決はできなかった。採決提案に対し、野党が武田良太国家公務員制度担当相の不信任決議案提出という対抗手段を取ったためだ。抗議の高まりを受けた攻勢に、与党の描く日程…

この記事は有料記事です。残り621文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。