[PR]

 京都大などのチームが約8千人を調べたところ、生活習慣病がある人は、関係が深いとされる肥満ではなくても、睡眠時無呼吸症候群が多いことが明らかになった。糖尿病や高血圧といった生活習慣病がある人は睡眠時無呼吸症候群が1・5~2・3倍と多く、注意が必要としている。

 睡眠時無呼吸症候群は眠っている間、10…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも