(天声人語)お助け橋の町

有料会員記事

[PR]

 東京・日本橋浜町(はまちょう)で生まれ育った稲崎知伸(いなざきとものぶ)さん(54)は、天保年間から続く表具店の6代目。額装や掛け軸、びょうぶ絵を扱う職人である。同じ町内にある東横インのために何かできないかと考えた▼コロナの感染拡大による病床不足を解消するため、軽症者らを受け入れると決めたホテルだ…

この記事は有料会員記事です。残り477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る