[PR]

 ■根強い感染者差別、葛藤なお

 終戦を境に、日本は社会制度のみならず、人々の価値観が大きく変わった。だが戦後も変わらず、続いたものがある。松本清張の小説『砂の器』(1961年刊行)は、戦前から続く差別という闇を浮かび上がらせた。

 物語では、身元不明の他殺体が発見される。捜査は難航したが、ある人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら