[PR]

 1914(大正3)年9月。千葉・我孫子の農村に、1組の若い夫婦が東京から引っ越してきた。

 柳宗悦と兼子。のちに「民藝(みんげい)」の語を生み出し運動を率いる宗悦は当時25歳。雑誌「白樺(しらかば)」の中心メンバーで、宗教哲学、科学、芸術を縦横に論じ、ロダンやゴッホなど最新の西洋美術を積極的に紹介…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも