コロナ重症化の謎、遺伝子解析で迫る 人種間の違いに着目 7大学

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染症が重症化する仕組みを、患者の遺伝子解析を通じて解き明かそうというプロジェクトが始まった。人口100万人当たりの死者は米英で300~500人なのに対し、日本では約6人で大きな差がある。研究グループはこの差が生活様式や医療格差だけでは説明できないと考え、人種ごとに異なる遺伝子に…

この記事は有料会員記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。