大阪人の心、等身大の太閤さま 神社で木像発見 江戸期制作か、根強い秀吉信仰裏付け

有料会員記事

[PR]

 豊臣秀吉とみられる江戸時代の木像(豊国大明神〈とよくにだいみょうじん〉像)が、大阪市旭区の大宮神社で見つかった。市教委が21日発表した。等身大で、近現代の像をのぞけば、秀吉の木像の中で全国最大という。徳川の時代の秀吉信仰の様子がわかる発見として注目される。

 ヒノキ材を使った寄せ木造りの座像で、高…

この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら