戦没者遺骨、鑑定機関設置へ

有料会員記事

[PR]

 政府がシベリアやフィリピンで収容した607人分の戦没者遺骨が日本人ではなかった可能性がある問題を受け、厚生労働省は21日、遺骨鑑定の専門センター(仮称)の設置を柱とする再発防止策をまとめた。新技術も活用し、同様のミスを防ぐとしている。

 専門センターは今夏にも省内に設置し、DNA鑑定などの専門家が…

この記事は有料会員記事です。残り94文字有料会員になると続きをお読みいただけます。