[PR]

 ■マルクス読み直しをいきいきと

 舌鋒(ぜっぽう)鋭い政治学者、白井聡の新刊である。タイトルは激しいが、語りはむしろいつにもなく優しく、かつ易しいように感じた。

 カール・マルクス『資本論』を、著者自身も学び直すごとく語っていく。そこでは当然、価値論や剰余論というおなじみのマルクス経済学の概念も数…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも