[PR]

 先週、76歳で亡くなった中国文学者の井波律子さんは、小学生のころの自分を「耳年増(どしま)」と描写している。京都・西陣の家に近い映画館街に通いつめ、中学に入る前に都合2千本も見たせいだという▼肥えた耳のおかげであろうか。彼女の手にかかると、教室であれほど無味乾燥だった中国史の登場人物にたちまち血が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも