[PR]

 賭けマージャン問題で辞職した東京高検の黒川弘務前検事長への処分が軽すぎるとの批判が収まらない。人事院の懲戒処分指針に示された処分例より、はるかに軽い処分だったからだ。最近は指針とはかけ離れた処分が相次いでおり、形骸化を懸念する声が出ている。▼3面参照

 「(国家公務員法が定める)懲戒処分の事由に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも