[PR]

 〈四章 東京 その七 赤い夕日の満州国〉の続き。1930年代、日本では、政治の腐敗を叫ぶ世論を背景に5・15事件が起こるなどテロが相次ぎ、軍部が台頭。政界と癒着する財閥も攻撃の対象となる。対外的には満州国建国を巡って日本は国際連盟を脱退、孤立を深めていった。35年、満州に憲兵隊司令官として東條英機…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも