[PR]

 北鎌倉に住んでいた作家の高見順は、敗戦直後の横須賀線にしばしば乗り、車内で目にした光景を日記に書き残している。

 横須賀線の終点、久里浜は、戦地から帰還兵ら56万人あまりが上陸した浦賀港に近かった。また海軍の横須賀軍港は連合国軍に接収されたため、米軍の兵士もまた横須賀線を利用した。帰還兵は一般の車…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも