[PR]

 旧優生保護法の下で行われた不妊手術の被害者に一律320万円を支給する一時金支給法が昨年4月に施行されて1年が過ぎたが、一時金の申請者数が今月3日までで909人にとどまることが厚生労働省の集計で分かった。想定した人数の3分の1にも届いておらず、制度の周知が大きな課題になっている。

 一時金支給法は昨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも