[PR]

 本格的に授業を再開した栃木県日光市の市立鬼怒川小学校では、児童や教職員が透明のフェースシールドを着けて授業に臨んでいる。新型コロナウイルスの感染防止に加え、夏場の熱中症対策も考慮し、マスクの代わりに導入を決めた。

 児童たちは、登校すると教室の棚の上に置いてあるフェースシールドを着ける。下校時には…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも