[PR]

 原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査で、東電が認可を申請した保安規定について再検討を指示することを決めた。福島第一原発事故を起こした当事者に許認可を出す条件として、安全や福島第一の廃炉に対する姿勢を盛り込むよう求めていたが、その記述が抽象的で不明確…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも