[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代)で28日、香港での反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」の導入に関する決定が採択されたことに対し、旧宗主国である英国のラーブ外相は同日、「深い懸念」を表明した。法制が導入された場合、「英国海外市民」の旅券を持つ香港市民の英国在留権を拡大する方針も明らかにした。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも