[PR]

 21世紀の幕開けを告げる画期的なドキュメンタリー映画である。若き王兵(ワンビン)監督は、かつて写真を学んだ地である中国東北部の瀋陽を再訪、かねて自作の被写体だった工場に今度は友人から借りた日本製のデジタルビデオカメラを向ける。ほぼ単独で撮影された無名の監督のデビュー作が、眩暈(めまい)を覚えるほど…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも