[PR]

 1969年、ベトナム反戦と人種反乱の嵐をよそに難解な教義研究の砦(とりで)に閉じこもっていたアメリカの神学界で一冊の本が波乱を呼んだ。『黒人神学とブラック・パワー』(邦訳『イエスと黒人革命』)。白人社会を恐怖させたマルコムXの思想に共感し、白人優越主義にひたる教会を批判して「黒人神学」の出発点とな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも