特定技能外国人、想定の8% 3月末3987人、ベトナム最多 入管庁

有料記事

[PR]

 出入国在留管理庁は29日、日本で働く外国人向けに昨年4月に新設された在留資格「特定技能」で滞在する外国人が、3月末で3987人になったと発表した。政府は、初年度に最大約4万7千人の受け入れを見込んでいたが、約8%にとどまった。

 入管庁は、当初想定よりも大幅に少なかったことについて「海外の送り出し…

この記事は有料記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。