石綿飛散防止へ法成立

有料記事

[PR]

 吸い込むと中皮腫肺がんを引き起こす恐れがあるアスベスト(石綿)の飛散防止対策を強化する改正大気汚染防止法が29日の参院本会議で賛成多数で可決され、成立した。

 石綿をセメントにまぜたものなど、これまで飛散性が低いとして規制対象でなかった建材も作業基準を設けて規制する。また建物の解体・改修前に工事…

この記事は有料記事です。残り51文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。