枝野氏、新たな社会像

有料記事

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は29日、私案「支え合う社会へ ポストコロナ社会と政治のあり方」を発表した。医療や教育といった社会資本や再分配機能の充実などを目指すことが主な柱。自公政権の対立軸として、次期衆院選で野党共闘の結集軸にしたい考えだ。

 枝野氏は新型コロナウイルスの感染拡大で、効率や自己責任を…

この記事は有料記事です。残り142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。