(私の視点)不要な「緊急事態条項」 「公共の福祉」で事足りる ローレンス・レペタ

有料記事

[PR]

 アメリカは対立の地である。州知事のほとんどが「在宅」命令を出したにもかかわらず、これに異議を唱え、州議事堂の前で抗議のために集まる人々や、ビーチなどレクリエーションの場に出向く人々がいる。これらの人たちは法律を破り、逮捕、服役、罰金のリスクを冒している。

 アメリカは対立の地であるだけでなく、訴訟…

この記事は有料記事です。残り990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。