[PR]

 通信講座「はじめての俳句」では前・後期の1年間かけて俳句の作り方の基本を学びます。テキストを使って典型的な四つの「型」を学び、毎月課題の2句を提出してもらいます。今年の俳人協会賞を受賞した小川軽舟さん=写真=が監修。小川さんが主宰する「鷹(たか)俳句会」のベテラン講師陣が受講者のペースに合わせて添削指導にあたります。

 ◇受講料は6カ月(添削6回)2万840円(税込み)。朝日カルチャーセンター主催。申し込み、資料請求はHPかはがき(〒163・0278 新宿住友ビル10階)(朝日新聞社後援)

こんなニュースも