[PR]

 ■「高浮彫(たかうきぼり)雲龍花瓶」

 鎖国が終わり、明治時代が幕を開けると、異国情緒あふれる日本の陶磁器は欧米人に人気となった。開港した横浜港の周辺ではやきもの店が軒を連ね、技巧を凝らした器や置物が東京や横浜で次々と作られた。

 このゴテゴテした花瓶の作者は、初代井上良斎(りょうさい)。窯業(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも