[PR]

 ■花ひらく画境、晩年の喜び 学芸員・荒井美礼

 葛飾北斎(1760~1849)が晩年、豪農商・高井鴻山(こうざん)に招かれて滞在した小布施町。謎が多い北斎ですが、現在も続く研究の結果、1840年代に少なくとも2回は訪れたと言われています。町には、祭屋台2基の天井部分にはめ込まれた板絵が北斎の肉筆…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも