(インタビュー)介護職にリスペクトを 大阪健康福祉短大教授・川口啓子さん

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス緊急事態宣言が出ても、必ず出勤し仕事を続けてきたのが介護職だ。超高齢社会の現場はすでに絶対的な不足にあえいでいる。根底には、介護という仕事に対する「無意識で悪意のない見下し」があるのではないか。誰もがみんな年をとる。いずれお世話になる人たちへのリスペクト(敬意)、足りてますか?…

この記事は有料会員記事です。残り4135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。