(時代の栞)「知的生産の技術」 1969年刊・梅棹忠夫 知識の海で個人は

有料記事

[PR]

 ■情報生かす具体論、道しるべに 1969年刊・梅棹(うめさお)忠夫

 ――ハウツーものじゃないか。知的生産って一体何だ?

 東京都千代田区岩波書店。社長ら10人ほどが居並ぶ会議の席で、苦言が続いた。

 元編集者の小川壽夫(ひさお)さん(85)によれば、1968年前半ごろのことである。その3年前…

この記事は有料記事です。残り2693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。