(けいざい+)マスク争奪戦:下 「安全保障」で国内生産推進

有料記事

[PR]

 仙台市の中心部から車で1時間ほど走ると、生活用品大手アイリスオーヤマの角田工場が現れる。5月下旬、気温10度にも満たない季節外れの寒さの中、マスクの生産設備がトラックから降ろされ、工場に運び込まれた。6月に稼働を始め、7月には国内最大規模の月1億5千万枚を生産する。アイリスにとって、国内でつくるの…

この記事は有料記事です。残り966文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!